働くスタイルのひとつとして定着しつつあるリモートワークについて

リモートワークという働き方のメリットとデメリット

必ず出てくるセキュリティ対策のこと

常に新しい脅威に晒されるのがセキュリティの問題です。もちろんリモートワークだけに関わる話ではありませんが、オフィス外で働くという意味では特に、必ず持ち上がってくる問題でしょう。ですが逆にリモートワークこそが、セキュリティ対策の底上げを推進する要となり得るのではないでしょうか。

リモートワークのデメリットについて

ではデメリットと言われるのはどんなことでしょうか。高い自己管理能力が必須のリモートワーク、メリハリをつけないと大変なことになるでしょう。コミュニケーションの形もオフィスとは異なってきます。リモートワークはどのような人には向いていないのか、という視点でも考えてみました。

リモートワークのメリットって

リモートワークは、リモートの名の通り遠隔という意味で、遠隔で働くことです。
これは会社のオフィス以外の場所で、つまり自宅などの自分の好きな場所で、会社とのコミュニケーションにはメールや電話やビデオ通話などを用いて働く、という勤務形態を表しています。
リモートワークという働き方は、仕事の効率性や生産性を上げるためだったり、働き方の多様性のひとつでもあります。
会社の従業員が遠隔地からPCなどを利用して業務にあたるというこのスタイルは、インターネット社会が生んだ新しい働き方と言えるでしょう。
一概には良い悪いといったことを定義するのは難しいものがあります。リモートワークと一言で言っても業種によってやり方も色々あるでしょうし、環境も様々でしょう。とはいえ、そのメリットやデメリットと言われるのはどんなことなのかも気になります。
そしてリモートワークには誤解も多いと言われています。いずれはもっと一般的になっていくと思われるリモートワークですが、まだまだリモートワーカーの置かれている状況もバラバラです。環境の整っていないところで失敗例として捉えられてしまったりすることもあるようです。ですがこの様な働き方が叶えば、優秀であっても、結婚や育児や介護など、さまざまな生活の背景で働き方に苦しまなければならなかった人材も、離職や転職をせずにすむ可能性が高くなります。
国内外の大手企業も導入している、そして今後さらに増えていくであろう、未来の可能性に満ちたリモートワークについて考えてみましょう。

可能性溢れるリモートワーク

リモートワークには、リモートワーカーと会社、双方にとって多くのメリットがあります。仕事の生産性や効率性を高めて、オフィスのコストの削減もできます。集中力の高まる朝や夕方以降の時間を、通勤に充てて消耗することもなく、まとまった時間を作ることも可能です。